T@KE【タケ】のブログ

アニメの簡素な感想と艦これを主に綴ってます。PC閲覧奨励。総評は★5満点。

2016年視聴したアニメを振り返る

ただの個人的な振り返り。去年↓ take-blog.hatenablog.com ※2016年アニメとは2016年冬クール~秋クールを指す ※2017/01/03追記

艦これ 2016年秋イベント 感想

NEW GAME! 感想

感想、と言っても自分は原作組なのでアニメで特に素晴らしいと思った点を挙げていきます。映像面と構成面に分けて列挙していきます。※「原作」とは単行本の事を指します

艦隊ノ記録~葉月編

【艦隊司令部情報】 提督経験値+330,949出撃数+2416遠征回数+515

艦これ 2016年夏イベント 感想

PCでの閲覧推奨目次・E1・E2・E3・E4・まとめ

艦隊ノ記録~文月編

【艦隊司令部情報】 司令部Lv+1提督経験値+1,077,636出撃数+1635遠征回数+459 7/31:司令部Lv120到達艦これ開始から1079日目でようやく達成。やっておきたいことの1つが終わりました。

三者三葉 感想

【良かった点】①完成度の高いOP映像と主題歌。そこから即Aパートが始まる一連の流れ。 TVアニメ『三者三葉』OPテーマ「クローバー♣かくめーしょん」ノンクレジット映像 ②1話1話が密で早い・飽きない③動画工房による良く動き表情豊かなキャラクター達 ④西川葉…

迷家‐マヨイガ‐ 感想

【良かった点】①引きの良さ②独特の設定③多すぎると思ったキャラクターもキャラ付けバッチリ 【悪かった点】①引きが良すぎる②まとめきれなかった最終話 「惜しいなぁ」というのが最初に出てくる言葉です。 ―「ナナキ」という自分の心の傷が具現化する納鳴村を…

キズナイーバー 感想

【良かった点】①尻上がりに良くなるストーリー②独特のキャラクターデザイン③新山仁子④内容とリンクするED エンディング映像に登場する花について - SPECIAL | キズナイーバー 【高画質】キズナイーバー ED 【悪かった点】①キズナシステムの実験に関して救わ…

坂本ですが? 感想

【良かった点】①ギャグだけと思いきや意外と感動するストーリー②OP主題歌 TVアニメ「坂本ですが?」ノンテロップOP ③予想の斜め上の展開とセリフ 【悪かった点】①特に無し 正直なところ最初は全く期待しておらず、「シュールなギャグアニメ」というイメージ…

あんハピ♪ 感想

【良かった点】①中毒性が非常に高いOP②SDキャラが可愛く、その数も多いアイキャッチ③キャラクターの照れ顔 ④2期にも繋げやすい最終話⑤雲雀丘瑠璃 【悪かった点】①不幸、と呼ぶには少々疑問符が付くところ②匂わせたまま投げっぱなしにも見える終わり方 最初は…

艦隊ノ記録~水無月編

【艦隊司令部情報】 司令部Lv+2燃+38280 鉄+25600弾+47807 ボ-9897ようやく120にリーチです

くまみこ 感想

【良かった点】①まちちゃんの喜怒哀楽の言動が可愛らしい②アイキャッチ③中毒性高いED 【悪かった点】①実在する固有名詞の説明が多すぎる②中盤~終盤は同じ展開の繰り返し③どういう終わり方をしたかったのかが見えない まちが都会に憧れて行動するも挫折、の…

艦隊ノ記録~皐月編

【艦隊司令部情報】

2016年春アニメ「6話まで」 感想

今回はおおよそ半分であろう6話まで。話数で区切る感想はこれが最後。次は最終回後に。

艦これ 2016年春イベント 感想

※攻略記事ではありません。個人の記録と感想です。非常に長いので目次を設けました。PC閲覧推奨。・E1 ・E2 ・E3 ・E4 ・E5 ・E6 ・E7 ・まとめ

呉旅行 大和ミュージアム編

GWを利用して広島の呉に1泊2日の旅行に行ってきましたのでその様子を写真で紹介。※軍事知識の無い「艦隊これくしょん」をプレイしている人間の感想ですので価値観の相違はご了承下さい※スマートフォンでの撮影なので画質は悪いです

艦隊ノ記録~卯月編

イベ前月なので個人的には特に動き無し、ですがゲーム外では色々ありました。

2016年春アニメ「3話まで」 感想

※『甲鉄城のカバネリ』を追加しました。「坂本ですが?」のみ2話までの感想。それ以外は3話までの印象。■目次■ ・ばくおん!! ・くまみこ ・クロムクロ ・甲鉄城のカバネリ ・キズナイーバー ・ハイスクール・フリート ・迷家 ・坂本ですが? ・三者三葉 ・…

2016年春アニメ 「1話だけ」 感想

感想、というかメモに近い。世間ではとっくに2話の放送が終わり3話に突入する作品もありますが、1話で受けた作品の印象をそのままアウトプットして後の感想に活かそうという個人的すぎる内容です。BSでの放送順。ばくおん!!入部前後の描写がハイペースなの…

2016年冬アニメ 感想

※あくまで個人の感想です ★5満点さよならした作品・ハルチカ~ハルタとチカは青春する~(~5話)・ディバインゲート(~7話)6位:ブブキ・ブランキ ★★感想はこちら5位:だがしかし ★★★噂に違わぬ駄菓子販促アニメでした。一見するとくだらなかったり、ながら観…

ブブキ・ブランキ 感想

ブブキ戦までは冬アニメで最も面白いと思うくらい夢中でした。それが崩れたのは設定の瓦解とキャラクターの大量投入が起きてから。礼央子組以外の行動理由がいまいちハッキリせず理解ができなかった故に違和感が出始めた感じ。それからサンジゲンのギャグは…

艦隊ノ記録~弥生編

【艦隊司令部情報】【長門関係】03/21:嫁長門Lv154到達【浦風関係】03/06:2-5で9人目と邂逅(2-5でのドロップは初)【装備】03/09:五連装酸素魚雷3本目★703/16:五連装酸素魚雷3本目★803/23:五連装酸素魚雷3本目★903/24:五連装酸素魚雷3本目★MAXまた最強…

僕だけがいない街 感想

タイムリープ、サスペンス物という事で毎話非常に集中して観ていた。一件落着、と安易に腰を下ろせないのが魅力な作品…というのは変な話だがそう言うしかないw演出がいちいちニクいというか、観る側を引き付ける技法のオンパレード(特にカメラワーク)。それ…

艦隊ノ記録~如月編

【長門関係】02/24:大型建造にて9人目と邂逅02/25:嫁長門Lv153到達【浦風関係】02/06:嫁浦風Lv133到達02/15:嫁浦風Lv134到達02/21:嫁浦風Lv135到達【装備】02/02:20.3cm(2号)連装砲★MAX1本目完成02/07:15.2cm連装砲2本目を15.2cm連装砲改に更新02/12…

艦これ 2016年冬イベント 感想

※攻略記事ではありません。あくまで個人の感想を綴ったものです。■個人戦績自身9回目となる今イベントも全海域甲クリア。E3のラストダンスだけ沼りましたが、初めて攻略中に新艦がドロップし全体的には順調に終了。最大の収穫は「浦風はボスを落とせるまでに…

艦隊ノ記録~睦月編

今年からイベントだけではなく毎月の艦これの記録をブログに残そうと思います。例によって個人的な内容です。【長門関係】01/06:嫁長門Lv152まで到達01/11:3-3にて8人目長門と邂逅【浦風関係】無し【装備】01/04:OTO152mm三連装速射砲★MAX2本目完成01/06…

2015年秋アニメ 感想

※あくまで個人の感想です ★5満点6位:対魔導学園35試験小隊 ★★最後まで何をどうしていく世界なのかの説明と描写が不十分で、キャラクターと単語だけ並べられた印象です。制作会社が3つ掛け持ちした影響かかなり駆け足なのは明らかでした。それでも最後まで観…

ご注文はうさぎですか?? 感想

「シャロちゃんかわいいいいいいい!!!!!」…2期は1期ほど「考えるな、感じろ」とは思いませんでした。1期より格段に面白くなったように感じます。おそらく1期を観たという土台があるからだとも思いますが、ココアとチノの2人が瞬間瞬間に姉妹として成長してい…

K RETURN OF KINGS 感想

まず始めに懸念したのが「劇場版を観ていなくても大丈夫なのか?」ということ。結果的にその心配は杞憂に終わりました。何があったかが分かり、かつより深く知りたければ観ればいいというような紹介の仕方がとても親切でした。相変わらずの映像の美しさと心…

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 感想

自分が好きだった『アルドノア・ゼロ』をA-1 Picturesと共同制作したTROYCA初の単独製作作品という事で以前から観るつもりでいた当作品。結論から言うと、とても地味ですが堅実で落ちついた作風が自分好みでした。秋の夜長に観るミステリーとして放送時期に…

2015年視聴したアニメを振り返る

当然ですが自分が観たものだけです今年観た作品:27作品(http://animetick.net/users/take25252?page=0)最多視聴クール:夏1クール平均:6.2作品【作品トップ10】・2015年冬クール~2015年秋クールの作品が対象・2014年作品の2クール目は含めず・再放送、劇…

ワンパンマン 感想

原作を読んでいる友人に薦められて観始めましたが感謝しています。とにかく作画が凄まじい…アニメーションの教科書のような映像はそれだけで観る者を楽しませてくれます。「この作画が崩れてしまわないか?」という懸念は回を重ねるごとに無くなり、最終回で…

2016年冬アニメ視聴予定作品

追加次第更新していきます。 ・ハルチカ~ハルタとチカは青春する~このスタッフ陣を見て、観ないわけにはいかないです。某ブラウザゲープレイヤー的にはブリドカット セーラ 恵美さんが主演という事、山田悠希さんが出演する事は密かに楽しみにしています。…

ヤング ブラック・ジャック 感想

1960~70年代当時の社会情勢を背景に医学生である若かりし頃のブラック・ジャック、間黒男が何故闇医者となったのかを描いた作品という事で手塚治虫の原作を読んでいた身としてはとても興味深かった当作品。間黒男の価値観を変える出来事に手塚治虫作品のキ…

視聴済作品一覧

全102作品 ※2017/4/1更新括弧内は好きなキャラクター■あ行THE IDOLM@STER (如月千早)蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- (キリシマ)アオハライド (吉岡双葉)アクセル・ワールド (黒雪姫)亜人 (佐藤)亜人ちゃんは語りたい (小鳥遊ひまり)あの日見た花の名前…

艦これ 2015年秋イベント 感想

※攻略記事ではありません。あくまで個人の感想を綴ったものです。イベントはまだ終わっていませんが、個人的な目標はほとんど達成したのでここらで一つ。何かあればまた追記するかもしれません。■個人の戦績自身8回目となる今イベントも全海域甲クリア。E4だ…

2015年夏アニメ 感想

※【重要】あくまで個人の意見です ★5満点。このブログでも今期からこういう形式を。せっかく3ヶ月観てきたわけですし一言くらい書いておこうと。順位付けはただの自己満足。8位:がっこうぐらし! ★★★残念ながら自分は最後まで入り込めませんでした。キャラ…

2015年秋アニメ視聴予定

完走するか否かは置いといて・ご注文はうさぎですか??http://www.gochiusa.com/1期も観ていたので引き続き。正直ごちうさは雰囲気と萌えを感じられなければ退屈な作品だと思うので、僕はシャロちゃんに癒される為に観ます。・ワンパンマンhttp://onepunchm…

城下町のダンデライオン 感想

最初は王族や能力等設定に戸惑っていましたが回を追うごとに癒されるようになりました。それは話の根幹に愛があったからだと思います。いわゆる「良い話だな~」の連続。心地よさがありました。能力や選挙活動を通して思春期の人間の感性と成長を描いている…

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 感想

一言でいうと人間学だなぁ、と。哲学的なものを感じました。人を人たらしめているものは何か?感情とは。意思とは。兵器という感情・意思を持たない物から生まれたメンタルモデル(特にイオナとコンゴウ)を用いて描く。言うなれば人と獣の違い(例えばアドミラ…

2015年夏アニメ感想予定

夏アニメも残すところ1~2話になりました(地域によっては既に終了している作品も)。今期は再放送含めて10作品観ていますが感想を書きそうなのは下記になりそうです。・それが声優!・城下町のダンデライオン・蒼き鋼のアルペジオそれと今期から各感想とは別…

艦これ 2015年夏イベント感想 後編(E-5~E-7)

【E-5】 MVP:秋津洲改・ボーナスマップ。この難易度でネジ7本と勲章1つ(難易度:甲)は破格です。・秋津洲は砲雷撃戦では貢献できないので旗艦に置くと攻撃順を1つ無駄にするようなものなので最後に。最初は対空カットイン装備にしていましたがあまり発動し…

艦これ 2015年夏イベント感想 前編(E-1~E-4)

【E-1】 MVP:菊月改・菊月ルートで特に問題無し・ただボスの装甲が少し高いので破れる程度の夜戦火力は用意したいところ【E-2】 MVP:衣笠改二・古鷹改二・水上部隊で左回りルート(A→B→D→G→Z)を使用・全5戦と多いですが道中は弱いので苦労することも無く終…

矢澤にこ

T@KE【タケ】祝@all_for_nico1期13話「好きだから」以来変わらず愛を注げる存在にまず感謝。そしてまっすぐな所が大好きです。これからもブレずに貫いてカッコいい姿魅せ続けて下さい。にこ推しです。これまでも、これからも#矢澤にこ#矢澤にこ誕生祭#矢…

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 感想

※自分は原作を読んでますので(10.5巻と11巻は未読)、それを読んでいる前提で書いていますまず気になるのはやはり終盤の駆け足具合ですね。流れ的に9巻で終われば3期も作りやすく話のピークにも話数を割けると思ったのですが…結果的に10巻をほぼ1話で終わらせ…

プラスティック・メモリーズ 感想

思ったよりラブコメ、ギャグ色が随分と強いなぁというのが率直なところです。放送前のCMやPVを観た印象ではもっとセンチメンタルな、控えめな作品だと思っていました。 しかし心象的な描写が多いのは確かで、人と姿形は同じだが人ではないギフティアであるア…

僕らはみんな河合荘 感想

好きだった恋愛ラボと同じ宮原るり先生原作という事で観始めた今作品。ざっくり言うとギャグに甘酸っぱい恋模様が少し入り混じった感じで、そのバランスが非常に良かったです。~荘という手の作品の例に漏れずこの作品もクセのある住人が序盤から笑わせてく…

ご注文はうさぎですか? 感想

同じ出版社、雰囲気が似ているという事できんいろモザイクの後釜として観始めたごちうさですが、きんモザほどの喪失感や幸福感は無かったというのが正直なところです。とはいえ作品が持つ空気はさすがはまんがタイムきららというべきか観てて微笑ましいです…

キルラキル(2クール目) 感想

非常に感想が難しいですねwなんでしょう、一言で言うならやはり「熱い」という言葉が真っ先に出てきます。22話に出てきた「なんだかよくわからないもの」こそがこの作品を端的に表しています。このアニメにしてもバトルものなのかギャグなのか?真面目なの…