T@KE【タケ】のブログ

アニメの簡素な感想と艦これを主に綴ってます。PC閲覧奨励。総評は★5満点。

アクセル・ワールド 感想

a44b29a2



【1クール】
…戦闘シーンすごいというのが最初の感想でした。製作を見たらサンライズという事で納得しました。
僕のスポンジ脳みそじゃ初見で完璧把握はできませんでしたが、設定はそこまで難しくないし入りやすいと思います。オンラインRPG色なSAOに対しこちらは格ゲー色で1対1がメインとハッキリしていますし。
201204281124535412012090500005993fs
























1クールの見どころとして挙げられるのは第4話で加速していく黒雪姫先輩の嫉妬とニコの裏表でしょうか。先輩の嫉妬シーンは後に繰り返し何度も観るほど僕の中で何かが弾けた瞬間でした。ニコは天使から悪魔への落差が面白いですねw(この子1クールのラスボスにしても良かったんじゃ)。ハルユキ君の日常に華を添えます。
しかし、全体的に説明が多く導入という感じの中でのラスト2~3話の戦闘シーンは緊迫感がありました。中盤は日常シーンで緩ませて終盤で締める定番ですがとても効果的な構成ですね。黄色の王は死んだわけじゃないようですからまたどこかで出てくるんでしょう。


【2クール】
1347637636076s
ま、良くも悪くも能見でしたねwSAOの須郷といい川原礫さんは悪役を描くのがうまい。
大体悪役って「胸糞悪い→同情→声優さんってすごい…」となりますが能見もその例外では無い。よくある展開で分かってはいますが2クールの展開はイライラが募りましたね…まぁ最後は黒雪姫先輩とニコが癒してくれるわけですが。
いきなり切り札でもあり、アイデンティティでもある翼を奪われた時はどうなる事かと思いましたそれを覆す「心意システム」の存在、ハルの成長というプラスアルファが良かった。特にこのシルバークロウがパワーアップしていくと同時進行で有田ハルユキが精神的にも強くなっていく様が非常に好感がもてました。
しかし2人が能見を翻弄するもあっという間に逆転っていう展開が多すぎてですね…観てる側は少々疲れましたねw
ラスト2~3話は新キャララスボスだと思っていたので最後まで能見が君臨していたのはちょっと意外。1クールの最後で災禍の鎧の呪いがハルにかかっていたので能見との戦闘で絶体絶命のピンチの時にそれが発動してハルが暴走→先輩が現れて止めるという展開を予想していたんですが普通にタイムアップでしたねw

1342799287527s
感動といえばアッシュさんがとてもとても人だったw 新OPでも登場していたので再登場を期待していましたが出てくれてよかった。「メガラッキィィィィー!」が懐かしくすらあります。
 
ヒロインとのイチャラブ、ゲスい敵、迫力ある戦闘シーン、主人公の成長、スッキリした最終回…ほぼ満点です。あえて減点するならシーンにそぐわないBGMと作者の棒読みくらいでしょうかw

余裕で2期ができるくらい出し惜しみしてるキャラクター(カレン、ブラック・バイス、他の王や先輩の親等)が大勢居るのでその時を楽しみにしていたいと思います。


【好きなキャラクター】黒雪姫
resize0367
説明は不要でしょう