読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T@KE【タケ】のブログ

アニメの簡素な感想と艦これを主に綴ってます。PC閲覧奨励。総評は★5満点。

アオハライド 感想

61770326
結論から言うとものすっごピュアです。清清しいくらい。

僕が持つ少女漫画のイメージとして場をかき回す胸くそ悪い役が中盤で障害として必ず出てくる、というものがあるのですがそういうキャラクターは出てきませんでした。正確には終盤に1人出てくるのですが2期へのフラグ程度に顔出す程度なので少なくとも1期では心配はいりません。
なので気が滅入るような展開が苦手な人は気に入る全12話だと思います。ほぼ全てが気持ちの良い内容でした。

序盤は中学以来3年ぶりに再会した好きだった人が苗字も性格も変わり、今の彼が好きなのか過去の彼が好きなのか主人公の吉岡双葉が少し葛藤しながら距離を縮めていこうとします。
ここで面白いなと思ったのがお互いがどちらの苗字を呼ぶか。双葉は昔の「田中」、洸は今の「馬渕」を呼ぶことでお互いが過去と現在のどちらに重きを置いてるかがこの時点で分かります。

またベタな展開もあります。
せっかく仲良くなった槙田悠里が自分と同じ人を好きになり(悠里はその事を知らない)、色々相談を受けつつ表向きは応援していくが耐えられなくなり自分も同じ人が好きだと宣言―で、ここから少し荒れるかな?と思ったのですがまたこの悠里が良い娘すぎましてね…ライバルとして自分も負けない!、と黙っていた双葉を許容します(正直もうライバルにすらなっていないと思うのですが…)。
e22ca236
ちなみに悠里が惚れたのは躓いて誤って洸の胸に飛び込んで顔を上げて「ポッ」です。あまりにベタ過ぎて笑ってしまいましたねw

この作品は自分の本当の居場所というものを探している人ばかりなのだなぁと思います。
そして最も居場所を探している洸が友情と愛情で支えられ成長していくのが全体の流れです。
洸と仲良くする4人も同様です。お互いがお互いのおかげで今の居場所ができています(1人は不明ですが)。

CMで見かけたからというフラっとした理由で観始めましたが、CMを見ることができて良かったと思います。


【好きなキャラクター】吉岡双葉
3623ad1f
双葉ちゃん自分の悪いとこすぐ認めてかつプラスに変えていくから好きです。相手の懐にズカズカと入り込んでいきますが空気が読めないわけでも無いですし。内田真礼さんは少女漫画のイメージは無かったですがキャラクターと合っていたのか違和感が無かったです。