T@KE【タケ】のブログ

アニメの簡素な感想と艦これを主に綴ってます。PC閲覧奨励。総評は★5満点。

ぎんぎつね 感想

b2379b08

「ハートフル神社ファンタジー」のキャッチコピー通り地味だが心温まる、いわゆる毎話「良い最終回だった」といえる作品だったと思います。原作がジャンプ系と知って驚きました(僕のジャンプのイメージにはないテイストだったので)。
それ故に序盤は何をするのか、どう盛り上げていくのか全く掴めませんでしたが思いのほか登場人物が多い人間サイドと、神使サイドで話を使い分けていたので飽きはありませんでした。安心して観れていた、と表現した方が正しいでしょうか。ほぼ毎話尾を引かない終わり方ができているので、基本的に和んで穏やかに終わります。ほぼ1話の枠にちゃんと話が収められています。だから毎回「良い最終回だった」という表現になるんですね。

中盤、シリアス気味だった悟の話は良かった。ハルの出生から悟と乗り越えた辛い日々や、悟自身の成長とそれを見守るハルの成長が。写真撮影でデジカメが悟の笑顔認証する演出が素晴らしいです。「居場所というのは人間達の輪の中にある」という神使のセリフも印象的。
6話は全体的に良いセリフが多かった。人間と神使両方の魅力を引き出していたと思います。
 
ef613343
ここで溜めた事もあってそれ以降一気に面白くなりました。同時にギャグ成分が増していきます。制作側が明らかにキャラの顔で遊んでいるのが分かりますw基本的にほっこりするアニメなので急に顔芸のようなアクの強い笑いをするのはズルイいwしかしこの笑いも悟の重い話があったからこそですね。

それとこの作品を観てると勉強になる部分もあって、日本文化の根底にある考え方って素敵だし大切にしたいと思わせてくれますね。流石に神社が舞台なのでそういう描写も多くあります。
 
正直地味ですし大味ではないので観る人を選ぶかもしれませんが、構成に無駄が無く綺麗にまとまってると思います。他作品と比べると目立ちませんがオススメしたいですね。


【好きなキャラクター】 ハル
hr
まさかの女の子!
悟が自分から少し離れて寂しい反面、笑っているのが嬉しくもあるハル。ただ悟にべったりなだけではなくて悟の為に良くないと思えば我慢できるようになってる成長度合いが悟と共に観てて良いなと。
とにかく動きが可愛いすぎます…それくらい良いキャラしてますよ。声優さんの演技の幅が素晴らしいと思って調べたのですがガルガンティアのストライカーの方と同一人物(藤村歩さん)だったと知って驚愕しています…
 
5d5307f8
ぎんは周りをよく見て気遣いができます。最終的には手を貸しますが、手を貸すに値するまでは決して手を出さない。実に神様らしいですがたまにいじけたり大人気ない部分があってそういう時はまったく神様らしくなかったですねwその背反性がまた好印象になっているのかな。まことに恋愛感情があるのか気になりますね~。



ぎんぎつね 第一巻 [Blu-ray]