読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T@KE【タケ】のブログ

アニメの簡素な感想と艦これを主に綴ってます。PC閲覧奨励。総評は★5満点。

四月は君の嘘(1クール目) 感想

f378f9cc


PVを観て雰囲気が好きという抽象的な理由で観始めました。その第一印象通りこの作品は感性に訴えるものだと思います。ものすごく丁寧に作っている印象で心理描写1つに対して結構なカットを使っていると思います。目と口のアップが多いのも意図的でしょうか。
それだけにデフォルメ演出はちょっと浮いているなと。雰囲気を壊すというか、僕はこれは終始不必要だと感じました。

3a6b5983
流石に音楽を題材にしているだけあって演奏シーンは気合が入っていて見入ってしまいます。音楽をやっていなくても音を聴いてるだけで心地良かったです。

a696e2c2
公生の過去のトラウマ脱却と新しい視点獲得が1クール目のテーマ。周りの友人・ライバル・親がそれぞれの価値観を見せて「才能」というものに対する様々な視点を描くのがサブテーマと感じました。
長いという意見もありますが、「死んじゃえば良い」とまで言ってしまったのでそれによる罪悪感はなかなか払拭できるものではないでしょう。それにしては払拭した時はあっさりしてましたが、それはかをりが背中を押し続けてきた故、と考えます。

ed585a33
劇中ではトラウマを呼び起こす引き金として使われている黒猫ですがOPの一番最初に、しかもピアノに乗って登場します。これは視聴者にとっても有馬公生にとっても絶対に目を離すことが出来ない存在ということを意味していたのかなと考えると面白い演出だと思いました。


気になるのは宮園かをりという存在。素性に不透明な部分が多く、公生をピアノの道に戻した彼女には一体どんな理由があったのか、そこが一番気がかりです。恋愛感情とは違う気もしますし…公生を引っ張る関係から公生に引っ張られる関係になった時にどんな反応を見せるか楽しみです。

フラグも立っている恋愛模様や爽やかな青春が2クール目でさらに描かれるのか。
引き続き楽しみにしています。