T@KE【タケ】のブログ

アニメの簡素な感想と艦これを主に綴ってます。PC閲覧奨励。総評は★5満点。

天体のメソッド 感想

574e73ea


彷彿とさせるのは「あのはな」です。幼いころの約束とそれに関係する1人の明るいキャラクター。
c49a2ebb
視聴者がまず疑問に思うであろう空に浮かぶ円盤とは何か、ノエルとは何者かという点には触れないまま話が進みます。
故に円盤を嫌う柚季の言動には困惑します。円盤によってどういう弊害が起こったのか分からないのでは感情移入もできませんし、理由は些細な事だった上に円盤への責任転嫁としか思えないので感動演出は逆効果だったように思います。大切な序盤にこれだけ引っ張っておいてこの結果では切る人も多かったと思います(僕も切ろうかと思いました)。

中盤から話のオチは予想できていましたし、キャラクター達は今更分かりきった事を言うので白々しさも感じましたが、残り2話というところでのループ展開には驚きましたし、同じ記憶を共有している汐音の登場シーンは盛り上がりました。しかし色々説明が足りないのは否めません。全体的にそうなのですがあまり考えてはいけないのでしょうか…?

1676ba9a
散々場をかき回したように見える汐音の言動については筋が通っていると思います。
乃々香がすぐ戻るといって戻らずに数年後に戻ってきてしかも自分達との大切な日々は忘れていればそりゃ怒るでしょう。自分の辛い過去と一緒に友人の大切な過去も忘れたのならそれは大切に思ってる人からすれば良い気分はしません。汐音はその件に関してはケリを付けていたはずなので乃々香の行動は善意があれおせっかいでしかないんですね。
ただ汐音が何故そこまでしてノエルを守ろうとするかが分かりにくかったですね。単純に感謝している、情が移ったんでしょうが彼女の口からもう少し語ってもらえればより重みが出たと思います。

やりたい事はなんとなく分かりますし、幼い頃の約束と変わらない友情による物語は確かに胸に来る部分もあるかもしれません。間延び感と円盤という存在を無視してヒューマンドラマを見ていけば楽しめる作品なのかな、とは思います。大部分の視聴者が好意的に見ているノエルも戻ってきますしね。このキャラクターだけ底抜けに明るく愛らしくて視聴者の好意が移るように仕上げているのでハッピーエンドで良い終わり方、となるわけです。
b2654489

ただ個人的には進み方がスッキリしませんし、残り2話の「終わりよければ全て良し」感がどうしても引っ掛かりますね。