T@KE【タケ】のブログ

アニメの簡素な感想と艦これを主に綴ってます。PC閲覧奨励。総評は★5満点。

2016年視聴したアニメを振り返る

f:id:take_blog:20161225134435j:plain

 

ただの個人的な振り返り。去年↓

take-blog.hatenablog.com


※2016年アニメとは2016年冬クール~秋クールを指す 

※2017/01/03追記

  

視聴作品(継続中含)f:id:take_blog:20161217190729p:plain

今年観た作品:21作品
最多視聴クール:春
1クール平均:5.2作品

 

 

年間トップ10(2期or第2クールは除く)
1位 DRIFTERS

f:id:take_blog:20161223233849j:plain

オンデマンドでは無いAbemaTVでの視聴にも関わらず1話毎に何度も観たり、一挙放送を全て観たりと自分の衝動的で盲目的な部分を引き出したドリフが今年のトップに相応しい。
人から教えてもらった作品で元は観るつもりが無かったのだからいかに自分の視野が狭いかを再確認した(キャラデザが云々言っていた気がする)。異世界偉人大戦というべき舞台で、異なる価値観の集合が1つになって進んで行く展開に常に高揚感があった。それだけに歴史をもっと知っていれば各キャラクターのバックボーンが分かってもっと楽しめた、理解できたという悔しさがある(知らなくても十分楽しめるが)。
先日BOXをポチり。原作は既に購入済なので年末年始に読み進めます。 

 

2位 甲鉄城のカバネリ

f:id:take_blog:20161224183809j:plain
ドリフ同様人づてで見始めた作品。オリジナルアニメである点と視聴時の自分の沸き立つ感覚から鑑みると1位でもおかしくない。
新作の発表もありましたしBOXの購入も視野に入っています。


3位 NEW GAME!

f:id:take_blog:20161224183927j:plain
原作を読んでいる身からするとこれ以上無いアニメ化でした。アニオリの数々が見事。終わりのキリが良く非常に手堅い出来。

 

4位 亜人

f:id:take_blog:20161225133106j:plain
毎回引きがよく最後まで疾走していた印象。慣れたのか固かったCGもかなり柔らかく感じるように。佐藤役を大塚芳忠さんに担当させたのは大成功だったのでは。演技が凄まじく、やはり敵役が良いと締まります。終わり方はどっち付かず。


5位 三者三葉

f:id:take_blog:20160718155027j:plain
萌えアニメと思わせておいて一味違う日常系アニメを観させてもらった。良い意味でも悪い意味でも。

 

6位 僕だけがいない街

f:id:take_blog:20161224194256j:plain
スリリングな展開に毎話続きが気になって仕方が無かった。
全体的に暗めなのが分かれ目。

 

7位 魔法少女育成計画*1

f:id:take_blog:20170103165645j:plain
バトルロワイヤル物として非常に見応えがあった。予想を簡単に裏切って引き込ませる手法が見事。続きが読める原作に手を出したくなります。


8位 キズナイーバー

f:id:take_blog:20161224194532j:plain
自分の印象ではあまり知られていない作品だがとてもよく出来ていた。トリガー=キルラキルなイメージな人はその作風の違いに驚いて欲しい。


9位 この美術部には問題がある!

f:id:take_blog:20161224193950j:plain
極端な話、宇佐美みずきちゃんの可愛さと小澤亜季さんのツッコミ演技だけで楽しめる。


10位 坂本ですが?

f:id:take_blog:20160705194318j:plain
シュールでくだらないがそれだけで片付けられなかった。斜め上からのボケに笑わされた。

 

ちなみに2期or第2クールも入れるとこんな感じに
1位 DRIFTERS
2位 甲鉄城のカバネリ
3位 NEW GAME!
4位 GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
5位 亜人

6位 アルスラーン戦記 風塵乱舞
7位 三者三葉

8位 僕だけがいない街
9位 魔法少女育成計画

10位 キズナイーバー
アルスラーンは1クールで観たかった…何故全8話

 

 

 

キャラクタートップ10
1位 滝本ひふみ(NEWGAME!)f:id:take_blog:20161225131113j:plain嗚呼、ひふみん…なんてかわいいんだ


2位 新山仁子(キズナイーバー)

f:id:take_blog:20160710180116j:plain


3位 佐藤(亜人)

f:id:take_blog:20161225011410j:plain


4位 西川葉子(三者三葉)

f:id:take_blog:20161224171831j:plain

 

5位 織田信長(DRIFTERS)

f:id:take_blog:20161224171347j:plain


6位 遠藤サヤ(だがしかし)

f:id:take_blog:20161224173732p:plain

 

7位 島津豊久(DRIFTERS)
f:id:take_blog:20161224174407j:plain

 

8位 宇佐美みずき(この美術部には問題がある!)

f:id:take_blog:20161224174031j:plain


9位 無名(甲鉄城のカバネリ)

f:id:take_blog:20161224180136j:plain


10位 雲雀丘瑠璃(あんハピ♪)

f:id:take_blog:20161224180551j:plain

去年より名前を挙げていくのに苦労しなかった。
このラインナップの中では異質な佐藤さんは底知れぬ感じが大好き。

 

 

OPトップ5 
主題歌と映像両方を加味。5なのは10個も挙げられなかった為。

1位 三者三葉


TVアニメ『三者三葉』OPテーマ「クローバー♣かくめーしょん」ノンクレジット映像

ぶっちぎり。「動画工房の本気」と言わんばかりに全体的にとてもよく動きますが、走る部分の作画が特に凄いなぁと素人目には映る。後半の疾走感から即Aパートに入る流れも印象的。
葉子様が水中から浮上するシーンは何度見てもよく分かりませんw

 

 

2位 DRIFTERS


Drifters - OP

とても1人で描いたとは思えない。鉛筆で描いたような独特のタッチがとても個性的で、1話からの内容を描いている(最終回で喋るあの人も居ます)。サビの部分で立体的に少しずづ動くキャラクターがカッコいい(特に菅野)。Na Na Na Na Na Na

 

 

 

3位 ブブキ・ブランキ


主題歌がかなり良いので全体的に映像が負けているがサビまでの疾走感は負けていない。DRIFTERSと同じく各キャラクターが少しずつ動く演出は好き。

 

 

4位 NEW GAME!


青葉ちゃんの朝の支度から始まり全員で歩を進める流れが楽しい。
OPのひふみ先輩かわいい…かわいくない?

 

 

5位 甲鉄城のカバネリ
とにかくカッコいいという点に尽きる。サビの部分の無名の浮遊感や途中で入る「俺はカバネリだ!」という生駒のセリフも良い。これから凄いアニメが始まるんだと思ったのを覚えています。

 

 

 

主題歌トップ10
OP・ED含めたもの

 

1位 鈴木このみ「Beat Your Heart」 
ブブキ・ブランキ-OP


鈴木このみ「Beat your Heart」(ブブキ・ブランキOPテーマ)
1年前近くのリリースだが未だに聴き飽きていない。
自分の今年のアニソンの頂点はこの曲だった。

 


2位 三月のパンタシアはじまりの速度 
キズナイーバー-ED


三月のパンタシア 『はじまりの速度』-Short Ver.-


3位 EGOIST「KABANERI OF THE IRON FORTRESS
甲鉄城のカバネリ-OP


EGOIST 『KABANERI OF THE IRON FORTRESS』オリジナルムービー -Short Ver.-


4位 MINUTES TIL MIDNIGHT「Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver.」
DRIFTERS-OP


Drifters FULL OP - Minutes Til Midnight – Gospel of the Throttle 狂奔Remix Ver. Single


5位 ナノ「DREAMCATCHER」
魔法少女育成計画-ED


ナノ5周年記念シングル第1弾「DREAMCATCHER」Music Clip


6位 藍井エイル「翼」
アルスラーン戦記 風塵乱舞-OP


藍井エイル 13thシングル『翼』Music Video (Short Ver.)


7位 fourfolium「SAKURAスキップ」
NEW GAME!-OP

 

8位 カスタマイZCOOLEST
坂本ですが?-OP


カスタマイZ「COOLEST」MV (Short Ver.)

 

9位 とりぷる♣ふぃーりんぐ「クローバー♣かくめーしょん」
三者三葉-OP

 

10位 Happy Clover「PUNCH☆MIND☆HAPPINESS」
あんハピ♪-OP


あんハピ♪ OP PUNCH☆MIND☆HAPPINESS

 

 

去年は27、今年は21作品と1クール分ほど減りアニメを観る事に対して妥協するようになってきたと感じる。それでも「DRIFTERS」のようにのめり込むものもあり、そういう作品に対しては例外なくお金を落としているのでまだまだ情熱はあるのだなと。

 

今まではネット視聴というスタイルに対して多少なりとも嫌悪感を抱いていたが、ドリフを独占配信するという事でAbemaTVを初体験したが悪くなかった。自分は初見は集中して観たいのでコメントは見ずにフルスクリーンで観ていたが画質は全く問題無かった。むしろこれからの選択肢が増えた格好で積極的に利用していきたい。価値があると感じるサービスが現れれば有料会員も視野に。

 

来年も細々と観ていきましょう。
2期が発表されたお気に入りの作品もあるので2017年も楽しみ。

 

*1:2017/01/03追記分