読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T@KE【タケ】のブログ

アニメの簡素な感想と艦これを主に綴ってます。PC閲覧奨励。総評は★5満点。

艦隊これくしょん 第2話 感想

a5f9f7b3



まず解禁されたOPとEDの話から。
新たに高雄の存在が確認できたのが個人的に嬉しいです。OPはストーリーの主張人物が出ると思うので本編での出演も期待しています。
9e1569b3
B7UpqfICIAA7h58
サビ部分では金剛がお馴染みのポーズで発射していましたが、逆に島風はその意外すぎる魚雷の撃ち方でビックリしましたwこういうのはアニメならではですね。
4eb855ec
見逃せないのは一瞬映る煙を上げた船。そして「絶望」「喪失」「別離」「幾つもの悲しみ」という歌詞。その背景には笑顔の姉妹艦達、と深く考えなくても悪い予感はします。今話でも睦月の口から「轟沈」という単語が出てきましたしフラグは立っていますね。見た感じ大きいですしやはり赤城さんでしょうか?
OPに入れてくるという事はある程度匂わせたいわけですから、この程度の事を視聴者が考えるのは織り込み済でしょう。轟沈するのか否かはアニメ化で注目しているポイントの一つですからどうするのか期待しておきます。
wo
瞳のカットが印象的なヲ級はアニメでも人気が出そうですね。艦載機もしっかり再現。

EDは夕日を背景にシンプルに3人で構成。ところどころで艦娘の名前が出ているので早く歌詞を見てみたいです。初めて聴いた時から思っていましたがOPにしても問題無いくらいカッコいい曲ですね。


1421252242249
まず第2話を観て感じたのはその二次創作ネタの多さ。初見で声出して笑ってしまいましたが、公式がやるともうそのイメージで固まってしまいますから過度にやるのは控えたほうが良いとは思います(「ちょっとぉ、合コンはやりすぎじゃないかしら?」)。難しいところですがうまくバランスを取って欲しいですね。ただ足柄さんにしろ赤城さんにしろネタを知らなくても(気付かなくても)楽しめるようにはなっています。

特に赤城さんの大食いネタはうまく使ったなと思います。無邪気にカレーを食べる赤城さんはかわいらしく、1話ではどこか遠い存在だった彼女がグッと近づいた印象です。それを感じ取った吹雪から「同じ艦娘なんだし」という言葉が出てきますがまさにその一言に尽きます。ただ前述したようにあまりネタに走りすぎず、「吹雪にとって憧れの赤城さん」である事は忘れないで欲しいです。

そしてアニメは既存プレイヤー向けなんだなと改めて感じました。新規の方はネタも分からないでしょうし、キャラクターの名前を覚えるのに苦心しているのではないでしょうか。今回の筑摩など名前の紹介も無しに喋られると困惑するのでは。


1421252220277
今話では入渠シーンが具体的に描かれました。原作プレイヤーの間ではバケツは「かける」という表現でしたがこんな入浴剤みたいに使われていたんですねw プチプチで時間を潰すのも新たな側面でした。
この様子だと改装もありそうですね。吹雪が壁にぶつかった時の解決策として登場、という単純な構図が浮かびますが十分ありえるので期待していいでしょう。


e8eed9fb
そして2話最大のポイントは「第三水雷船隊」というチームとしての軸ができた事。
アニメは吹雪の成長物語、と理解はしていましたがこう正面から描かれると気持ちが入ります。努力する吹雪を描くと同時にそれぞれの方法と考えで彼女を支える川内型の3人の魅力も上乗せされていたと思います。それとやはり艦娘が私服を着て動いているのは新鮮ですw
そして睦月です。先輩艦の川内に物怖じすることなく進言する強気はやはり原作では見られません。1話に引き続き驚きました。夕立はちょっと「ぽいぽい」言わせ過ぎだと思います; 十分キャラは立ってると思いますが。

6aab5e43efa18070f9d3a9426b57020807f186d41420867469
利根ちゃんと足柄さんは上官(教師?)のようですが第1話にあったように他にも科目があるので彼女達だけではないでしょう。2人とも重巡洋艦なので残り10科目もそうなのでしょうか?(ならば礼法は是非熊野にお願いしたいですね。ついでに鈴谷も出しましょう!)。ここも今後の楽しみです。利根・筑摩のように1人とは限りませんから思いのほか登場するかもしれません。


4c17b10b
長門さんの鎮守府での立ち位置もより明らかになりました。川内の驚き方からすると司令部室から出てくる事は珍しいのかもしれません。3人とも敬礼していましたし秘書艦という存在に対する艦娘の姿勢が分かります。先週吹雪と話しているとか言いましたが見事に外れましたねw
ここまでかなりお堅い様子の長門さんですが、柔軟な所も見せました。川内から発せられた「水雷魂」という抽象的な単語に何を感じたかは分かりませんが、あくまで目先ではなく伸びしろがある部分を評価して吹雪を引き続き艦隊に所属させる事を命じています。「お前たちに掛かっている」という台詞からも今回の決断は長門さんにとっても掛けでしょう。
そして何より今回もカッコよかったですし相変わらずお美しい…佐倉綾音さん、長門さんの時だけ妙に演技に気合が入ってると思うのは僕が長門提督だからでしょうか。

次回は戦闘回でしょうから吹雪の特訓の成果が出るのか、楽しみにしたいですね。

(OPの頬染めむっちゃんから感じる夫婦感にガッツポーズッ!)