T@KE【タケ】のブログ

アニメの簡素な感想と艦これを主に綴ってます。PC閲覧奨励。総評は★5満点。

艦隊これくしょん 第6話 感想

capt_265



…生き残った提督はどのくらいいるでしょうか?第六好きの方はおそらく輪廻転生を終えた頃だと思いますし、僕も逝きかけました。非常に危険な回です。
4fb516ca
5話にてようやく求めていた路線が実現し、その流れから期待の高まっていた6話ですが文句なしでしょう。完璧です。第六というとすぐロリコンだ何だ付きまといますが、良いものは良いと言って差し支えないと思いますよ。それくらいの出来でした。第六駆逐隊、とても可愛かったですね!(雷の鎖骨とか雷の肩甲骨とか) 何気に高雄愛宕より第六駆逐隊が後に着任した事も判明しました。

今回はネタが非常に多かったので断片的にまとめます。

150212-0116520229-1440x810
高速建造材を使ったシーンで夕張が出てきましたがこれで明石さんが出る可能性はほぼ消滅しました。
解体SEを聞いて「妙にぞわぞわする音なのです」は原作組はニヤリとしたでしょう。「後で感想聞かせてね」は夕張の攻撃時のセリフですがとても自然に使っていました。
1話で違和感でしかなかった原作のセリフの使い方ですが今ではほぼ違和感は無くなりました。前回の感想で注目すると言っていた響や他の艦娘もそれは同様です。ちなみにボージェモイ(Боже мой)は英語でいうオーマイゴッドで原作には無いセリフ。

capt_190
1話からだんだん赤城さんのキャラが壊れてきたのも良いですね。いきなりネタキャラにするのではなく順を追っているので受け入れやすいかと。流石に主人公の憧れの存在なので丁寧です。また入渠してましたが実は錬度そんな高くないのでしょうかw
その主人公さんは今回は赤城さんへの変わらぬ愛を見せたところで出番終了です。

capt_170
大井北上の登場はもはやノルマですねw正直ここでこの2人を出す必要は無いと思いますが、できるだけ全員出番を与えようという配慮でしょうか。飄々としている北上さんも流石に身の危険を感じたように思いますがどうでしょうか。

d474d1e1
五航戦のくだりは最初よく分からなかったのですが「スカートはあまり触らないで」は原作のセリフなんですね。翔鶴はつい最近冬イベで手に入れたので知りませんでした;
この後の「あざーす」含め霧島さんの使い方も良いですね。那珂ちゃんもツッコミは仕事じゃないと言っていましたが笑わせてもらいました。

それから僕前回の感想で「もうこれ以上新しい艦娘は出ない」と言いましたが、出ましたね。止め画ですが皐月と文月がいました。両方共僕が好きな駆逐艦なのでこれは嬉しい誤算。妙高さんは前回よりはハッキリ妙高さんだと分かる画でした。


…さて、この回では第六駆逐隊より可愛い艦娘がいた事に一部の方は気が付いたと思います。それは長門型戦艦1番艦、世界のビッグセブン、そして我々長門提督の嫁こと戦艦長門さんです。
capt_081
間宮で決起する第六を影から見ていたり、ボーキサイトを見つけられず諦めかけたタイミングで第六の前に登場して「努力に憾みなかりしか」と鼓舞したり、足柄さんのカレーを第六が「辛いけど美味しい」と言っているのを見て冷や汗をかいたり、すかさず「不精に亘るなかりしか」と再び鼓舞したり、陸奥に苦手な部分を指摘されて「うるさい」と言ったり…
capt_161
一見すると第六をめちゃくちゃカッコよく応援しているんですけどこれ全部自分が辛いカレー食べたくないからですよ?しかもそれ指摘されたら怒るとか子供すぎでしょう!ギャップありすぎでしょう!足柄さんのカレーが優勢の時は「ヤバイ…!」って思ってたんだろうなぁw
最初は駆逐艦好きの二次創作ネタをやっているのかと思いましたがまさか辛いのが苦手とは…知らなかったんですが既出でしたかね?これを機に僕もカレーは甘口にしたいと思います。いやぁ、ホントにアニメで優遇されている1人です。ありがとうございます。
冒頭の陸奥とのやりとりは十中八九今回のカレーの話でしょうが、今後の伏線に見えなくも無いのがまたw

ちなみに長門さんが言っていた2つのセリフは五省といって江田島海軍兵学校において使用されていた自戒の言葉のうちの2つ。
  1. 至誠に悖るなかりしか ⇒ 真心に反するようなところはなかったか
  2. 言行に恥ずるなかりしか ⇒ 自分の発言や行動に恥じるべきところはなかったか
  3. 気力に欠くるなかりしか ⇒ 惰性ではなく、気力に満ちていたか
  4. 努力に憾みなかりしか ⇒ 最善の努力をしたか
  5. 不精に亘るなかりしか ⇒ 妥協や手抜き、自己満足に陥ることはなかったか
しかしアニメを見ている方は既に全て聞いています。そう、第一話の冒頭で榊原良子さんが言っていましたね。


さて、この流れから次は妙高型か高雄型の回かなと思っていたら、次回タイトルが「一航戦なんて、大ッッキライ!」…これはどういうことでしょうか。5話で既にやったように思いますが、何故一航戦と五航戦の仲が悪いのかをアニメでやるのでしょうか。それとも出撃があってそこで何かトラブルがあるのか。
もう少しこの流れで行って欲しいものですが果たして。

capt_259
(足柄さんがどう見ても深海棲艦。足柄提督には辛い流れ。)