読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T@KE【タケ】のブログ

アニメの簡素な感想と艦これを主に綴ってます。PC閲覧奨励。総評は★5満点。

アルドノア・ゼロ(2クール目) 感想

405cc5c6



※2期と表記される事もありますが、放送が13話からスタートしているので2クール目としています

7b67193d
2クール目の何が面白かったというとやはりスレインの変化。どんどん上り詰めていく彼と周りの人間模様や状況が次々に変わる様が驚きを与え期待を膨らませた。眠り続けるアセイラム姫がいつ目を覚ますのか、義眼の悪影響を見せ始めた伊奈帆はいつまで持つのかといったリミット要素もそれに拍車を掛けました。
物語が展開していく中である程度自分の予想が出来上がったところでまた新しく展開して意外性があり、それが楽しかった。残り5話くらいはずっとこの状態が続きました。


ad0cff26
最大の見どころと言っていいスレインがどうなるかという点は興味深く見ていました。
観ていて常に思っていたのは彼のアセイラム姫を想う気持ちは全くブレない・変わらないという事。が、それが当の姫様に拒否された時に彼が一体どういう反応を見せるのか?愛情の裏返しという反動の大きさを懸念していました。
結果的にスレインはアセイラム姫の目がこちらに向かないと判断すると全てを諦めました。スレインはアセイラム姫に振り向いて欲しかった。だから姫様がクランカインと婚約発表したら諦めた。ここで自軍を投降させるのは良い意味で裏切られました。あくまで彼の目的は姫様の幸せなのだと(ここで目的から逸脱し狂乱したところをハークライトに殺される、と予想していました)。
da0e5252
だから投獄後に伊奈帆から生かされる理由を聞いた時に泣き崩れ、笑顔が戻ったと考えます。
この作品、何でこんな貴族制度を取り入れたのかと思っていましたが全てはスレインに「忠誠」という単語を当てはめたいからなんじゃないかと思ってます。スレイン・トロイヤードはアセイラム・ヴァース・アリューシアに忠誠を誓う騎士であると。見栄えが良くなるというかセリフに箔が付きますよね。


f829f6bf
他にもこの物語はブレない人が多かった気がします。特にハークライトは前述したように思っていたので意外でした。ハークライトの忠誠の理由は作中でも語られましたが、最後に唯一の命令無視をするのは胸が熱くなりましたね。スレインにも自分を見てくれる人達、命を投げ出しても良いと言う人達がいた事は彼が間違っていない人間だという証明です。ほんの少し、道を踏み外してしまったが故の歪み。ではどこで踏み外したか?僕は第3話でトリルラン卿を殺した所から始まったと思います。姫様の為とは言え一度は"お義父さん"とも呼んだザーツバルム卿を殺したのもこの1度目の殺人があったからでは。
b43e0a89



c7c61cdd
軸になっている3人の主人公は全員手段こそ違うものの一貫性がある点では同じです。
伊奈帆はその無敵に近い存在が彼の不変さを表していました。チートとも言われた義眼は常に正しいものだけを見るという意味合いでは。スレインを救って欲しいというアセイラム姫の願いをちゃんと覚えていてそれを実行する一本筋を見せてくれました。
9c1bae4a
アセイラム姫は純粋に願い続けました。しかしただ願うだけではなく、相手の為とならば時に厳しくできる行動的な姿も型にはまらなくて良いですね。心情的には伊奈帆とスレインどちらかと結ばれて欲しい気もしますがそうしなかったのも2人を思えばこそ。表面的には手を取り合えなかった3人も姫様によって繋がっている。地球(伊奈帆)と火星(スレイン)を繋ぐお姫さま。素敵です。(※ただ空が青い理由を「光の屈折」ではなく「レイリー散乱」とクランカインに説明していたので伊奈帆に傾倒しているかもしれませんねw)
2クール目の印象でスレインにやや比重が傾いていますが、伊奈帆やアセイラム姫を軸に話を観ていくのも面白いでしょう。


6d7d74dc
ずっと続いたスレインと伊奈帆のライバル関係もカタルシスを感じます。
月面基地と死ぬ事を選んだスレインがタルシスに乗って伊奈帆の元に向かう様子はアッサリとしてどこか拍子抜けしそうですが、それだけ彼を突き動かすまでの関係になったと。
ここの戦闘をしにきたのに「迎えに来た」という伊奈帆や、スレインの「予測に頼らない⇒未来は必要ない」というセリフ回しは好きです。

確かに風呂敷を広げすぎてしまった感はありますが最後はまとまったと個人的には思います。3人とも幸せになって欲しいというわがままに応えていますが、決してご都合主義ではない切ない終わり方でした。戦闘メインのロボットアニメとして観ると物足りないでしょうが、人間ドラマが本題だと思うので問題はありません。
作品タイトルにもなっている「アルドノア」には様々な意味が含まれているでしょうね。資源的な意味だけでなく権力、時間、記憶などにも置き換えられそうです。
ただ欲を言えばもう1話、欲しかったですね。これだけ魅力的なキャラクターがいるのでもう少しだけ掘り下げたものを観たかった。
8f0bd48b



1c22ec1c
最後にこの作品が何を伝えたかったのか考えると、『アルドノア・ゼロ』という作品タイトルやスレインの言動から思うに初心を忘れてはいけない、という事ではないかと僕は思いました。目的の為に動く事は結構だ。だがその為に自らを変えてしまい道を踏み外しては本末転倒。だから伊奈帆が勝ったし、地球と火星は和平を結んだ。

冒頭で述べたように常に続きが気になる展開、魅力的なキャラクター達、満たされたようでどこか埋まらない儚さのバランス、安定した作画とCGも相まって映像な綺麗、とクオリティは30分アニメのそれではありません。
727a3fb8


遅くなった上に非常に拙い感想で申し訳ありませんが1周観ただけではこんなまとまりの無い感想になってしまいます。放送では3ヶ月間が空きましたが次は24話通しで観てみたいですね。