読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T@KE【タケ】のブログ

アニメの簡素な感想と艦これを主に綴ってます。PC閲覧奨励。総評は★5満点。

2016年春アニメ 「1話だけ」 感想

感想、というかメモに近い。世間ではとっくに2話の放送が終わり3話に突入する作品もありますが、1話で受けた作品の印象をそのままアウトプットして後の感想に活かそうという個人的すぎる内容です。BSでの放送順。


ばくおん!!
7cd50727
入部前後の描写がハイペースなのがもったいないなぁと思ったけれどもあまり細かいことは考えない方が楽しめるのかも。バイクが分からない人間でも問題は無さそうだけど小ネタを挟まれると厳しい。


くまみこ
79323f29
 
ギャップ、その一言に尽きる。『ぎんぎつね』のような心温まる作風を想像していたがとんでもない。水彩画のような背景やED映像も目を引く。
主演の日岡なつみさんは新人のようですがとても可愛らしい声で癒されました。


クロムクロ
1174671c
これから展開していくと思わせる中で「PAの女の子は可愛いな」って感じる部分が多々あってそこに安心感と違和感がある感じ。 この作品も設定が多そうなのでED後の解説は嬉しい。
「~周年記念作品」というのが必ずしも自分の好みとは限らないというのは前期で分かった事なので過度な期待はしない。 主題歌をGLAYが歌っていてビックリ。
 

握手する絵の青信号、「一人はみんなの為に~」の街頭放送等細かいところで作品タイトルの世界観を意識。
他人と関係を持つ事は傷跡を付けるという解釈がおもしろい。おそらくメンタルを表現していくわけだから観る側は少し考える必要がある。そこをトリガーがアクションシーンを交えて観やすいものにしていく作品、と思っているがどうなるか。『キルラキル』という自ら立てたハードルを越えられたらすごいが。
「イーバー」がどういう意味か調べたもののしっくりくるものは見つからず。区切れそうでもあるし2重の意味が重なっているとも取れる。言葉遊びが散りばめられてそうなタイトル。


ハイスクール・フリート

0a2343a2
話の展開はともかく船内描写は分かりやすい。1話では出港から魚雷の発射まで多岐に渡った。取材の賜物なのだろうなと感じるし、『ガルパン』のような大作を作りたいという意欲・思惑は伝わる。
製作プロダクションアイムズ、構成吉田玲子は『城下町のダンデライオン』で良い思いをしているのでそういう点でも期待。
はいふりハイスクール・フリートの変化は観る前から知っていたのであまりショックは感じず。周囲の反応を見るにそれだけひらがなの与える印象は強いのだなと思う。

 
迷家
20ca4aeb
登場人物同等視聴者もどれだけ生き残れるか試されている気がしなくも無い。金田一少年のようなサスペンス感はヒシヒシと感じたので意外と1話は大人しかったなと。
公式HPのキャラクターページで瞳のハイライトが消えてる人に何かしらあるのではないかと個人的に睨んでいます(おそらく外れる)。


坂本君が人気者という設定に驚きw 原作を知っているわけではないが日陰者なりにスタイリッシュに学校生活を過ごすというイメージを勝手に持っていたので。
絶対飽きが来ると思うし原作は完結しているので色気を出さずに1期でやりきって欲しい。豪華なキャストを見れば気合も予算もありそうな感じはしますが。
 

10年以上連載している原作、製作動画工房…何も心配要らないのでは。最後に三つの葉が集まり1つになる演出が良かった。次回予告も自分が大好きな『きんいろモザイク』を髣髴とさせます。個人的にスマッシュヒットの予感…と言ったらフラグになるので平常心で観ていきたい。
 

SDがかなり多めで可愛い。タイトルの意味を事前に知ってしまったのが痛かった。。。現状感想が最も難しい候補
同じきらら作品の『三者三葉』と比べるとエフェクトをかけて画面を暗めにしているのが良く分かる。


おもしろく筆も進みそうなのがクロムクロはいふり迷家。おもしろいのに全く筆が進まなそうなのが三者三葉あんハピ♪。それ以外は様子見といったところ。
今期は全体的な流れをちゃんと抑えて観たいと思っているので3話か半分くらいのタイミングでまた同じようなものを書くかもしれません。