読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T@KE【タケ】のブログ

アニメの簡素な感想と艦これを主に綴ってます。PC閲覧奨励。総評は★5満点。

呉旅行 大和ミュージアム編

GWを利用して広島の呉に1泊2日の旅行に行ってきましたのでその様子を写真で紹介。
※軍事知識の無い「艦隊これくしょん」をプレイしている人間の感想ですので価値観の相違はご了承下さい
スマートフォンでの撮影なので画質は悪いです

 


写真 2016-05-03 15 07 48  写真 2016-05-03 15 15 07
今回宿は広島駅近くに取ったので、呉へは広島駅からJRで向かいました。JR呉駅前ではスクリューがお出迎えしてくれます。
駅から大和ミュージアムに向かって歩くと5分もしないうちに右手側に海上自衛隊呉史料館に展示されているゆうしお型潜水艦の「あきしお」が見えてきます。道路を挟んだ向かい側が大和ミュージアムなので迷う事はありません。


写真 2016-05-03 17 34 16  写真 2016-05-03 15 21 40
看板も入場券もカッコいいです。今回は特別展示がなされていたのでセットを購入(通常料金は¥500)。


 
posted by (C)T@KE【タケ】
館内に入るとまず目に入る1/10の戦艦大和。実際に目で見られた方は分かると思いますが、これほど迫力があるのに1/10とはその大きさに驚くばかりです(が、後日それが甘い認識だと痛感する事に)。写真に収めるのも一苦労。
写真 2016-05-03 16 50 47
大和の徹甲弾も展示されていましたがこちらもかなりの大きさ。ここでもスケールの大きさを体感します。大人1人と同じくらいの高さ。

写真 2016-05-03 16 08 26
館内は1/10大和を中心に吹き抜けになっていて各階に展示品が飾られています。
どれも興味深いものでしたが例えばこの「日本海軍の艦名の付け方」は自分の中で曖昧になっていたので分かりやすかったです。これを見ると浦風は甲型で艦隊随伴用の一等駆逐艦という事が分かります。

写真 2016-05-03 16 23 23  写真 2016-05-03 16 18 29
海軍工廠にて起工された長門さんももちろん展示されています。側にある映像は戦艦長門の生涯を流してくれますので長門提督の方はご存知の内容とは思いますが改めて観る事を薦めます。

写真 2016-05-03 17 03 59
見ていて思ったのは高雄型の大きさ。1/100サイズではありますがその大きさに驚きました。画像左が扶桑、右が高雄です。超弩級戦艦にも引けを取りません。これならあの胸部装甲も納得…
他にも榛名、金剛、翔鶴、陸奥、赤城などなどたくさんの模型が展示されていました。

写真 2016-05-03 17 36 31
お土産はかなり混雑している中大和ラムネ、間宮羊羹と海軍カレーを買い。大和ラムネを外で飲みました。 

写真 2016-05-03 18 05 15
  写真 2016-05-03 18 06 05
外には陸奥の41cm主砲身なども展示されています。陸奥は呉近海で沈没した事もあってか展示品が多かったように思います。


この後海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)にも行く予定だったのですが大和ミュージアムが思いのほか楽しく、閉館時間まで居たので1日目はこれで終わってしまいましたw(海上自衛隊呉史料館は17時閉館、大和ミュージアムは18時閉館)
正直これ程までに自分が盛り上がると思いませんでした。知識が無くても知っている単語が出てくるだけで楽しめる反面、展示品への理解と感動を深める為にも知識を付けたい、勉強してみたいという思いがわき上がってきます。

色々と考えさせてくれる空間でした。噂に違わぬ感動が得られます。